スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hさん宅・ホームコンサート2015

デジタルピアノを大音量で弾くうちの娘たち。(>_<)
「もうちょっと小さくして弾きなさい!!」
とボリュームを下げるのに、すぐにまたボリュームを上げて弾くので、春~秋は窓を開けているため、
外に流れ漏れる子供たちのピアノの練習の音。今まで苦情はないけど、ご近所さん我慢していただいているかも。
プラス姦しい娘たちの大声に私の怒鳴り声もご迷惑になっていそうで(-_-;)、恥ずかしいなと思いつつ、毎日騒音出しまくってます(^_^.)

で、そのピアノの練習する音を近くにお住まいのHさんが聞かれて、「毎年ホームコンサートをしているので、お嬢ちゃんたち、参加してもらえませんか?」とお誘いを受けたのが昨年。
Hさんは80代の方で(来年は米寿だそうです(^^))ピアノの先生をされていて、今も年配の方数人にレッスンされているそうです。
去年のコンサートの時にHさんのピアノを初めて聞かせてもらいましたが、すごくお上手で、年をとってもずっと続けていたらあれだけ弾けるんだとびっくりしました。まぁもともとのレベルが高いので、当然なんでしょうけど。

2015-09-210004.jpg
そして、今年もお誘いいただき、ホームコンサートに参加させていただきました。
どこにでも参加したいうちの子たち、そして、去年美味しいおやつが出たので、今年もそれを楽しみに参加した子供たちでした。
うちの子たちはピアノ独奏でしたが、ホームコンサートはピアノだけじゃなく、合唱、独唱、ギター演奏、アルトサックス演奏といろいろです。
haruはスティリアの女(ブルグミュラー)を弾きました。家ではけっこう上手に弾いていたんだけど、今日は緊張してるなぁといった感じでした。
asuはソナチネ1巻10番第一楽章(クレメンティ)を弾きました。こっちは練習よりうまく弾けてたような(^_-)。
2015-09-210001.jpg2015-09-210003.jpg

とりあえず、ホームコンサートが済んでホッとしたのも束の間、10月25日にプロムナードコンサートの中の『リトルピアニスト』というコーナーに出ることになったasu。
4年前の2011年にも出演してます。その時のブログはこちら(^^)
毎年学校からチラシをもらってきます。
今年も先日もらってきて、haruの方が出てみようかなということで、往復葉書で申し込みました。
asuは2011年に出た時、もう二度と出ない!と言っていたので、きっと出ないだろうなと思いつつ、
「はるちゃん、申し込むって言ってるけど、あっちゃんどうする?」
と聞いてみたら、一応申し込んでみようかなというので、こちらも往復葉書で申し込みしました。
そして、先週返信葉書が来て、haruは抽選の結果、落選し、asuの方は当選でした。
出たいと言い出したharuの方が当たらず、どっちでもよかったasuが当たってしまって、なかなかうまくいかないもんですね。
だいたいasuはこの手の応募によく当たります(笑)

出るからにはasuにはしっかり練習して弾いていただきましょう!
ということで、曲はクーラウ作曲 ソナチネOp.55 No.1 第2楽章(ソナチネアルバム1巻 第4番)です。
曲は↓の4曲の中から選んで応募します。
 ●バイエル17番 ●バイエル60番
 ●ブルグミュラー作曲 「牧歌」 
 ●クーラウ作曲 ソナチネOp.55 No.1 第2楽章
ちなみにharuは「牧歌」で応募しました。「牧歌」は希望者多そうだもんなぁ・・・
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。